ブックタイトル株式会社マルトー 総合カタログ Vol.14-B

ページ
40/74

このページは 株式会社マルトー 総合カタログ Vol.14-B の電子ブックに掲載されている40ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

株式会社マルトー 総合カタログ Vol.14-B

2ー2ー4万能研磨ドクターラップ(ML-182)〔概要〕本機は、30年にわたる研磨実績から生まれた組織検査用から微構造組織検査試験まで研磨可能な万能研磨機ドクターラップML-180型の機能性をアップしたリニューアル機です。サンプルホルダーなど多彩なアクセサリーが使用でき、研磨定盤や研磨シートの組み合わせで、高精度鏡面研磨までできます。〔特長〕1)高トルクモータを採用することによって、広範囲な回転域(高、中、低)でも、回転ムラのない研磨ができます。2)ラップ定盤の交換で、研磨紙などの付属品を取りかえることにより、試料の基準面研磨から鏡面仕上げまで目的にあわせた手法を取り入れられます。3)堅牢なボディで、パワーヘッドなどのオプションの取り付けも容易にできます。4)テーブル回転数がデジタル設定となり、加工条件の数値管理が容易に行えます。5)研磨時間設定用のタイマーを搭載し、自動加工が行えます。〔用途〕1)EPMA・SEMなど機器分析用試料の鏡面仕上げ2)Si基板・GaAs・光学ガラスの鏡面研磨3)フチダレのない金相試験試料の鏡面研磨4)光ファイバーの端面・側面の研磨5)複合材界面の角度研磨6)製品の品質検査7)物性試験試料の研磨8)岩石、鉱物の薄片試料作成2ー2ー5低周速精密研磨低周速ドクターラップ(ML-182SL)〔概要〕へき開性が高く壊れやすい単結晶材料や、柔らかく傷の付きやすい軟質金属、平面度の保ちにくい試料など、研磨が難しいとされているサンプル研磨を容易にするために、ドクターラップに改良を加えた低周速式の卓上小型の精密研磨機です。(ML-182)〔仕様〕項目製品名ドクターラップ低周速ドクターラップ主電動機ラップ盤回転数ラップ盤の大きさ研磨試料サイズ機体寸法制御Box寸法本体質量制御Box質量本体オプション50~500min -1(50Hz)0~100min -1(50Hz)W340×L420×H280mm25kg〈標準セット例〉単相100V120Wφ200mmφ1mm~100mmW200×L230×H210mm4kg1)ドクターラップ(ML-182)本体2)給水、排水ホース3)防じんカバー4)標準工具W340×L420×H305mm27kg5)ケンビガイドアーム6)ケンビ65MKJ-657)サーフェス定盤φ200mm鋳鉄・MF銅・MF錫8)マジックプレートφ200m m9)ポリシングクロスφ200mm(5枚入)10)ダイヤモンドスラリー9μm11)ダイヤモンドスラリー3μm12)ダイヤモンドスラリー1μm(又は0.5μm)13)超音波洗浄器14)ホットコンプレートMS-16015)ステッキワックス#6816)ダイヤ液自動点滴装置MKL-7001台1式1式1式1台1台各1枚1枚1組1本1本1本1台1台1本1台〔特長〕1)ラップ盤回転速度を低速に抑え、試料へのダメージを軽減し傷や欠けの少ない研磨を可能にしました。2)ラップ盤を低速で回すことにより、ラップ盤の面ぶれ、研磨治具の振れを極力抑え、精度の良い研磨を可能にしました。〔用途〕1)はんだ、純銅、純アルミなど軟質金属試料のノースクラッチ研磨2)ガリウムリン、ガリウム砒素など襞開性が高い試料のノーダメージ研磨3)超硬金属、ジルコニアなど削れにくく、面積の広い試料の研磨(高荷重研磨が可能)38