ブックタイトル株式会社マルトー 総合カタログ Vol.14-B

ページ
47/74

このページは 株式会社マルトー 総合カタログ Vol.14-B の電子ブックに掲載されている47ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

株式会社マルトー 総合カタログ Vol.14-B

第2章・研磨機〔仕様〕項目製品名プレパラッププレパラップオートプレパラップステップオート主電動機主軸回転数主軸下降ストロ一ク主軸下降目盛砥石下面とテーブル上面距離テーブル作業面積テーブル左右移動量自動送り速度加工サイズ機体寸法機体質量――W560×L450×H650mm60kg単相100V200W400min -165mm55mm最小目盛0.01mm(ダイヤルゲージ)ステッピングモータ0.1mm/ハンドル1回転0.001mm/pass90mmW78×L180mmMax.130mm(自動120mm/手動130mm)2~19mm/minMAXφ50mmW650×L450×H650mm65kg※プレパラップ(MG-300)及びプレパラップオート(MG-301)を改造することにより、自動定寸切込みが可能です。詳細はお問い合せ下さい。W800×L450×H850mm80kg本体オプション〈標準セット例〉1)プレパラップ(MG-300)、又はプレパラップオート(MG-301)、又はプレパラップステップオート(MG-315)本体1台2)給水、排水ホース1式3)標準工具1式4)クーラントタンク3r用5)冷却液(CまたはE)1r入り6)スラブホルダー(28×48mm以内)OSL-1型7)真空チャック式ポラホルダーOPL-2型8)真空吸引蓄圧装置MR-3009)ダイヤモンドカップホイールφ75m m#200(除去量の多い場合)φ75m m#600(標準仕様)φ75m m#2000(特殊表面加工の場合)10)平均加圧式マウントプレス〔平均加圧式マウントブレスを使用したシンニングの作業〕試料の基準面出し試料のマウント法試料の研削1台1本1台1台1台1個1個1個1台カバーリングクーラント装置研削能率と砥石寿命の向上。クーラントタンク3r(ポンプ付)と冷却油(R)で構成。冷却油(R)は不水溶性の研削油で冷却性・潤滑性・洗浄性に特にすぐれ、臭気や皮膚へのかぶれなどなく作業性にすぐれています。岩石、鉱物、コソクリートには冷却油(R)をご使用下さい。スラブホルダー(OSL-1型)精密基準面研磨ホルダーこの治具を使用すると裏面の形状に関係なく簡単に基準面出しができます。試料サイズ24×48mm以内。ポラホルダー(OPL-1型)偏光照明付薄片試料研磨ホルダー治具内、下部に偏光板付の光源を組み込んであり試料を治具から取り外すことなく、偏光レンズを通して、光の濃度で試料の薄さが識別できます。ダイヤモンドカップホイールφ75mmのダイヤモンドカップホイール。粒度は#200、#600、#2000の各種です。ボンドは、試料の種類と研削目的によりメタルボンド(M)、またはレジンボンド(B)を選択します。スラブホルダー使用ダイヤモンドカップホイール#200(省略もあり)#600#2000平均加圧式マウントプレスと新ペトロポキシを使用する真空チャック式ポラホルダー使用ダイヤモンドカップホイール#600または#2000(省略もあり)試料を保護するためにカバーグラスをかける平均加圧式・マウントプレス均等で、薄い接着層が得られます。指先や平板状のもので試料を押えても慣れないうちは部分的に圧力がかかり均一な接着層を得るのはかなり難しい作業です。マウントプレスを使えば薄い接着層の均一マウンティングが可能です。ポラホルダーく真空チャック型〉(OPL-2型)スライドグラスを取り付けるネジによる浮き上がりを防ぐため、真空吸引によって密着させるホルダーです。※従来のOPL-1型と比し、より容易に、より確実にプレパラート作りをすることかできます。45