ブックタイトル株式会社マルトー 総合カタログ Vol.14-B

ページ
71/74

このページは 株式会社マルトー 総合カタログ Vol.14-B の電子ブックに掲載されている71ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

株式会社マルトー 総合カタログ Vol.14-B

第5章・試験評価測定装置5ー3摩擦摩耗試験機津谷式トライボメータ(MZ-311)〔概要〕この試験機は、回転する円筒型試験片(A)を、2個のブロック試験片(B1,B2)ではさみ、その押しつける力(荷重)及び円筒試験片の回転速度を任意に制御しAとB1,B2間の滑り摩擦力、摩耗痕の大きさ、温度上昇等を測定し、摩擦係数や、摩耗率の荷重依存性、速度依存性、摺動距離依存性、耐荷重能、潤滑剤の効果等を測定しようとするものです。〔特長〕1)小型で簡易構造、試験片の脱着が容易。2)トライボケミカル反応効果を含む摩擦摩耗の測定が可能。3)軽荷重(200g)から高荷重(約350kg)まで荷重範囲を広くとれる。4)円筒試験片の回転数を低速(4~5min-1)から高速(約2,500min-1)まで無段階で変速できる。5)試験片は加工のし易い形状のため、加工の難しい素材の試験も比較的簡易に行える。6)試験機本体を立てた状態での試験も可能なため、イ)連続的に研磨材を供給、アプレシブ摩耗の測定ロ)連続的に液体・個体を供給し、摩擦粉や使用後の潤滑剤のサンプリングが可能MZ-311(試験片摺動の模式図)円筒型試験片〔用途〕セラミックス、複合材料、改質材料、金属高分子材料、炭素材料、石材などの研磨摩耗試験〔仕様〕項目製品名津谷式トライボメータ主電動機駆動モータ最大駆動トルク主軸回転数荷重負荷摩擦力検出試験片形状機体寸法機体質量三相200V1.5kw73kgf・cm5~2,500min -1ACサーボモータスプリング負荷方式:0.2~350kgf分銅負荷方式:1kg、2.5kg、3.5kg0.01~35kgブロック型試験片a)3×4×11mmb)10×10×7mm円筒型試験片φ20×20mmt本体W260×L500×H400mmアンプW430×L450×H300mm本体約65kgアンプ約20kg2-C0.5本体円筒型試験片φ20±0.114-0.05-0.10(試験片の寸法)4-0.1-0.2(13)203-0.10〈セット例〉ブロック型試料ブロック型試験片(2ヶ)(JIS-R-1601曲げ試験片使用可)11±0.053±0.11)津谷式トライボメータ(MZ-311)本体2)試料ホルダー(3×4×11,10×10×7)3)オイルパン4)除震ゴム5)標準工具4±0.1角部はC0.2~0.3のこと1式1組1式1式1式オプション6)ペンレコーダ7)赤外線放射型温度計8)計測制御用パソコンシステム1式1式1式69