トップ > 製品INDEX >  1-2-3 ラボカッター シリーズ
製品INDEX
1-2-3 小型万能切断機
ラボカッター シリーズ
ラボカッター MC-120
【概要】

研究室・実験室で研究試料作りの基本となる切断を、簡単・便利に実行できます。

テーブルはボールスライドガイドで保持されており、切断方向への移動は実に滑らかです。そのため、切れ味(切断特性)を指先で抵抗感触として捉えることができ、それに応じた送り速度を調整できます。 材料の切れ味を損なうことなく、簡単に切断・トリミングに利用できます。

金属用ラボカッター MC-122
【概要】

ラボカッターのモータをパワーアップし、金属材料や単結晶材料の切断を主眼とした切断機です。

主電動機

単相100V 200W(MC-120)

三相200V 400W(MC-122)

主軸回転数 1,970r/min
冷却方式 貯水巻上げ式
テーブル寸法

W205×L250㎜

テーブルストローク 230㎜
テーブル移動

ボールスライドガイド

使用ホイール径 125D~200D×30H㎜
機体寸法 W300×L750×H330㎜
機体質量

約25㎏(MC-120)

約30㎏(MC-122)

安全装置 オプションにて取付可能
所要床面積 W500×L750㎜
【仕様】
フリークランプバイス80ダブル
【概要】
欠け易い試料や、極端に脆い試料を切断すると、試料の自重で欠けや割れが発生することがあります。
フリークランプバイスを利用することで、これを低減することができます。
バイス開き:Max80㎜
スライスラボプレート
【概要】
一定寸法の連続切断に使用します。